HOME>記事一覧>事前に内容を把握しておけば当日がスムーズになります

方法等を知っておいて備えを万全に

所有している船舶が古くなってしまい使い物にならなくなった等という場合には、船舶解体業者に依頼をして解体してもらう必要があります。解体の際には、まだ使えそうな計器等を取り外す事から始めます。それらを船から取り出したら、船体をガスバーナー等を用いて細かく分解します。その際には、船舶解体業者が得意とする方法に、自分の持つ船が対応出来るかという事を良く確認する事が大切です。さらに、作業をスムーズにするために、船の周りに解体した部品等を置くスペースを作ったりしておくとなお良いでしょう。

環境にも配慮した作業をしてくれる所も

また、船舶解体の際には、解体された粗大ごみの排出の他にも、エンジンオイル等の化学物質の排出という問題もあります。多くの業者では、そういった環境に配慮するための作業を行ってくれる所もほとんどで、周辺の住民等からの苦情等の問題が引き起こされる危険性も少なくなりました。

技術の進歩も著しい

最近では、技術面等で船舶解体が不可能であったタイプの船舶の解体に対応している業者も増えてきています。そのような技術の進歩は、対応出来る船舶の増加だけでなく、解体にかかる時間や費用の軽減にもつながり、船舶解体業者への依頼のしやすさの向上につながりました。

役立つサポートをしてくれる所も

船舶解体だけでなく、その後に役立つ様々なサポートをしてくれる所も増えてきています。その1つが、解撤証明書の発行サービスです。これにより、今後の活動がスムーズに行えて助かったという企業も多いようです。それ以外にも、取扱の難しいフロンの処理等、事業者が頭を悩ませる事柄に対応してくれる嬉しいサポートをしてくれる業者も多くあります。