HOME>アーカイブ>書類の準備など事前に行えることは行っておこう

手順を知っておこう

漁船

船舶を所有していて、すでに古くなっているので処分をしたいという場合もあるかもしれません。滅多にあることではありませんし、誰もが経験をすることではないので、どういう手順で行っていくのか分からないということもあるでしょう。船舶解体を行う場合には登録を抹消するなどの解体をするということだけではありません。その船舶の存在そのものを消さなければいけないということがあります。船舶解体を取り扱っている業者があるので、船舶の販売を行っている業者から紹介を受けるとよいでしょう。購入先は把握をしているはずなので、そこで依頼をすることも可能となっています。必要な書類なども指示してもらうことができます。

どんな方法で行うのか

漁船

船舶解体を行う場合、まず解体を行う工場などに陸送をする必要があります。その陸送にかかる費用も負担をしなければいけません。遠方にある場合には当然陸送にかかる費用が高くなってしまいます。ですから出来るだけ近場で対応できるようにしておくとよいでしょう。工場に持ち込み、その後はリサイクル可能なものと不可能なものを仕分けて、順次解体をしていくことになります。廃棄をするものも出てくるので、処分費もかかってきます。

再生をする場合

漁船

所有をしている船舶を解体し、新しい船舶に生まれ変わらせたいと考えている人もいるでしょう。船舶解体を行っている工場の中には再生できるように、パーツを仕分けてくれるところもあります。船舶は高額なものなので安易に廃棄をすることができない、ということもあるでしょう。整備を行っていてもどうしても運航に危険を生じてしまうのであれば、リサイクルを行うということも考えてみるとよいでしょう。そうすることでエコにも繋がります。